2016年10月10日 : 静岡ツーリング ( 5.旅行・遊び )

MotoGP日本グランプリが間近に迫ってきた。
R3を購入したこともあり、今年はYAMAHAを応援しようと思ってる。

もてぎと言えばホンダコレクションホールでレーサーが見れたっけ。
ヤマハ版もあるのかな?と調べたところ、コミュニケーションプラザが磐田にあるみたい。

ちょっと遠いけど行けない距離じゃ無いし、ついでに日本平パークウェイを走ろうと計画を作る。
隔週休みで日程調整に難航したが、3連休の最終日は天気予報も良く営業日だったので決行となった。

6時前に起床し、天気予報を再確認。
外に出ると寒かったので、フリースを着込んで6時半に出発した。

時間が早いからか曇りだからか、海老名SAまではスムーズに走って到着。
朝食はガッツリと牛丼+豚汁。

牧ノ原SAで休憩して磐田ICで降り、YAMAHAに到着したのは10時前。


ヤマハ発動機本社にあるコミュニティープラザ。入館無料

休日ということもあり、それなりに人が入ってる印象。
バイクの展示が多いけど、マリン系もそれなりに。

広さ的には、ホンダの半分ぐらいと思う。


MotoGPロッシ車両。ロレンソ車両も展示されてた


歴代のレース車両。俺の大好きな後方排気もあって嬉しい


2Fから全景。右下の赤いバイク、格好いいですね!(YZF-R3)

2フロアーを30分ぐらいで見終わる。

喫茶店は11時からと30分ほどあったので、次に行くことにした。
早め帰宅で渋滞を避けたかったので。

磐田ICから静岡ICへ移動、海岸線を走る。

山の上に見えた久能山東照宮が景色良さそうだったので、寄ることに。
石段が1159段ということで、延々と20分ほど登っていく。


本殿。色鮮やかな装飾が目を引く。(国宝)


駿河湾を一望できる。なかなかの絶景

風が涼しいけど、日が当たると暑い感じ。
抹茶ソフトクリームを食べて休憩。

下山して日本平パークウェイへ向かう。
ツーリングマップルの紫道路で、前から気になってたのだ。


赤線の狭い山道。早朝とか車が居ない時間帯だと楽しいかも

抜きどころの少ない山道で、山頂まで短く不完全燃焼な感じだった。
そこそこライダーが居たので、地元の人が走りに来るのかな。

桜エビの天ぷらが食べたくなり、山頂公園の食堂で桜エビかき揚げ定食を注文。
団体客向けの食堂だったけど、揚げたてで美味しかった。


日本平山頂展望台から。晴れていれば、正面に富士山が見える

海岸線を東へ走り、三保の松原へ。めちゃ車が並んでたけど、駐輪場は空いてる。
有名スポットかは不明だが、ポケモン遊んでる人が沢山居た。


こちらも雲が邪魔で富士山は見れず

14時半過ぎに出発。15時過ぎに清水ICから東名高速に乗った。
東名で由比を通過するとき、雲が減っており富士山の頭が見えてた。運が悪い?

走ってると眠気が襲ってきたので、愛鷹PAで休憩。
体操してモンスター飲んで眠気を飛ばす。

御殿場の先で5台の玉突き事故があって大渋滞、それを抜けると厚木まではスムーズに走れた。
途中トイレに行きたくなり、初めて用賀PAを利用。

首都高では神田橋付近で事故があったり。
なんとか18時前に帰宅。


週末にMotoGPを控えるレースウィークに、ヤマハのバイク展示を見れたのは良かった。
ロッシやロレンソのグッズも売ってたけど、ちょっと迷って購入せず。
(YAMAHAは応援するけど、ロッシやロレンソって感じで無い。ロレンソは来年ドカだし)

前から走ってみたかった日本平パークウェイや、ショップツーリング(寝過ごした)で
行く予定だった三保の松原を見れて良かった。

10月は日が落ちるのが早いし、気温差が大きいので服装に気を使う。
ツーリングシーズンも終盤、納車から8600kmほど走ったが年内10000km超えるのは無理そうだ。

総走行距離 573.0km


コメントする

検 索
ツイート
最近の めも[全て
タイヤ交換 (10/02)
洗濯機購入 (10/02)
BDレコーダ購入 (09/25)
房総ツーリング (09/24)
伊豆下田ツーリング (09/20)
BASE BREAD (09/12)
フードデリバリー (09/03)
天竜御嶽ツーリング (08/29)
最近のコメント
バイク購入、そして売却
 └ブン (12/21 22:29)
 └まっちい (12/22 01:52)
箱根・大涌谷へ
 └ふみこ (11/07 08:41)
 └まっちい (11/07 14:16)
続Newバイク検討
 └まっちい (09/22 17:27)
謹賀新年 2020
 └工藤 新一 (01/02 03:06)
今年のツーリング終了
 └兄貴 (12/08 21:07)
 └まっちい (12/09 23:51)
カテゴリー
アーカイブ
リンク