2022年7月 3日 : 長野新潟ツーリング ( 5.旅行・遊び )

梅雨が明けて猛暑の東京から逃げるように、涼しい長野へ走りに行ってきた。

土日が晴れそうなので、ゆるキャン△聖地巡礼な感じの静岡ツーリングに行く予定だったけど
渋峠とか涼しい所を走るのが良いんじゃ?と前日に思い立ってルートを変更した。

渋峠を走るなら鬼押出し園に寄りたいし、奥志賀林道を走って野沢温泉に泊まるのが良さそうだ。
翌日は去年の奥只見ツーリングで行けなかった魚沼スカイラインと龍が窪に寄るという事で、プランはすぐにまとまった。

去年と同じ温泉宿を予約、ちょっと奮発して焼肉付きの高いプランにした。
1泊セットをトートバッグに突っ込んで就寝した。

----------
7月2日(土)晴れ

6時頃に起床して出発準備、まだ早朝なので少し涼しい。
トップケースに荷物を積んで、夏装備で6時半過ぎに出発した。

首都高速は順調に流れており、川口JCTから外環に乗って関越道へ。
渋滞を避けるために上里SAまで一気に走る。

90分ほどで上里SAに到着する。

朝食は、みたらしコッペパンと思ってたけど見当たらず(高坂SAでした)
仕方ないのでたまごサラダとポテトサラダのコッペパンを購入、アイスコーヒーと共に。
(ハイオク201円だった。高いね)

まだ8時過ぎだが、気温が上がってきた。
藤岡JCTから上信越道に入り、軽井沢あたりに来ると少し気温が下がってきた。

碓氷軽井沢ICで降りて、混雑した下道を走って軽井沢駅前を抜けていく。
何年ぶりだろうかの白糸ハイランドウェイ、まだ営業してるんだここ。

せっかくなので、白糸の滝に寄る。
駐車場は8割ほど埋まっており、観光客の多さがわかる。

駐車場から川沿いを少し歩くのだが、遊歩道に入った瞬間から涼しい。
数分ほど歩いて、滝に到着する。


そこそこ賑わってる。滝周辺は少し寒いくらいの涼しさ

滝で涼んだ後は、鬼押出し園へ向かう。
ブラタモリに出てて気になってたのだ。


浅間山とNinja650。俺のバイクかっこいい

溶岩の黒い岩石が沢山出てきて、鬼押出し園に到着する。
駐車場にバイクを止めて中に入る。入園 650円。


溶岩の大地、遠くに浅間山が見える

周りは緑の森で、この辺だけ溶岩の岩石が密集してる感じ。
とにかく暑い。溶岩の黒が、熱を吸収してるんだろうか。

最長の60分コースを歩こうと思ってたけど、中ぐらいの45分コースに変更する。


コスプレにどうぞと、木刀が置いてある岩

岩を割るって、鬼滅ブームに乗っかってるんだろうな。
もちろん写真は撮らないぞ。

園を出てから飲み物を購入して水分補給。40分ほど滞在した。

鬼押ハイウェーを北上し、嬬恋高原から万座ハイウェイへ。
この辺まで来ると涼しくなってきた。

万座温泉からは、県道466と狭い道を走る。
県道112を10分ほど走って、毛無峠に到着した。


毛無峠の看板。秘境群馬のイメージ

駐車場スペースは満車で、ラジコン飛行機を飛ばしてる人達が多数いた。
あとは登山者の車っぽかった。

少し写真を撮って、すぐに出発する。
万座温泉に戻り、突っ切ってR292へ合流する。


R292。高原の道。空模様が怪しい感じ

国道に入ると、車の後ろをだらだら走る感じに。
みんな避暑に来てるんだろうな。


渋峠、国道最高所2172m

ここに来るのは10年ぶりらしい。
長野はちょっと遠いからなあ。

12時過ぎで腹が減ったので、横手山ドライブインで昼食とする。
長野ということでソースカツ丼にしてみた。

15時ぐらいまで滞在予定で時間あるので、昼食後はリフトで横手山の頂上に向かう。
往復1800円は高いなと思いつつ。


スカイレーターという謎の乗り物

まずは、スカイレーターというエスカレーター的なのでリフト乗り場へ。
上りと下りを交互に動かすので、少し待ち時間が発生する。

スカイレーターで移動中、めちゃ虫が多い。
顔に向かって、どんどん飛んでくる。

他の乗車客も、ハンカチなどを振って追い払ってる感じ。
虫よけを持ってくるんだった。

リフトで山頂に到着。まずは、屋上にある展望デッキへ。
スキー場や志賀高原がよく見える。


横手山のテラス

山頂を少し散策、徒歩10分ほどで三角点まで往復する。
その後はテラスで景色を見ながら、のんびり過ごす。

十分涼めたので、14時前に山を降りる。
ドライブインに温度計があったが、22度だった。

14時過ぎにドライブインを出るが、山の方でゴロゴロと雷鳴が。
車の後ろを走りながら、つづら折りの国道を降りていく。


道路脇には、白い花が咲きまくる

志賀高原サンバレースキー場のあたりで、ニッコウキスゲが咲いてたので写真撮影。


志賀高原のスキー場に咲く、ニッコウキスゲ

雲行きがよくないので、さっさと出発。奥志賀林道へ向かう。
こっち方面は車がほとんど居なくて快適。

奥志賀高原スキー場までの道は、道幅が広いけど道路がガタガタな感じ。
スキー場を抜けて県道502に入ると、少し狭くなるけど路面が綺麗で走りやすい。


奥志賀林道。狭いけど路面は綺麗

紅葉シーズンだと車が多いけど、今はたまにバイクとすれ違うぐらい。
1時間ほどで、野沢温泉街が見える丘に到着した。


夏のスキー場。白い所を滑れるっぽい

スキーやってる人が居たが、見えたのは数人だけ。
誰か滑るまで1分ほど待ったけど、暑かったので退散。

予定より早く、16時前に宿に到着した。

同じタイミングでチェックインした人は渋峠で降られたみたいなので、
1時間ほどの差が命運を分けたみたい。

夕飯まで2時間半と時間があるので、まずは部屋に入って体を冷やす。
iPadがWI-FIを掴む、去年も使った宿だからパスワードを覚えてる。

17時過ぎてから、外湯へ向かう。
今まで5ヶ所に入ってるので、今回は新しく開拓予定だ。

宿から坂を上がったところにある真湯に向かう。

入ったときは2名が入浴中で、1人が水を入れまくってた。
そのおかげか、ちょっと熱いぐらいのお湯だった。


真湯。これで外湯 6ヶ所目(源泉61度)

のんびり浸かれたんだが、野沢温泉といえば痛い熱さが特徴だろう。
物足りなかったので、近くにある上寺湯へ。

3名が入浴中で水も入れていたが、かなりの熱さだった。(源泉82度)
気合で入る。これが野沢温泉だ~。

体が温まったところで、宿に戻って夕飯へ。


旅館の夕飯。中央に信州牛の焼肉

肉を焼きつつ、生ビールが美味い。

生ビールの後は、岩魚の骨酒を注文。
川魚の匂いが付いた日本酒が美味しい。

最後にご飯も2膳食べて、腹いっぱい。

近所にホタルが出るという話で、8時ぐらいに外出予定だったけど
テレビ見ながら横になったら寝てた・・・。(ちょっと休憩のつもりが)

深夜に起きて、宿の風呂に行く。こっちも源泉かけ流し。
内風呂はちょっと熱め適温で入りやすいのが良い。

ネット見たりした後に就寝。

---------
○ 今日の宿「中島屋旅館」2食付き:17150円(税込)

去年の夏以来のリピート利用、手頃な価格の温泉宿。
掛け流し温泉に何時でも入れる、冷蔵庫に入ってる天然水が美味しい。

駐輪 :ホテル前
ネット:WIFI

----------
7月3日(日)晴れ時々雨

6時過ぎに宿を出て、散歩がてら朝市へ。


朝市の様子。去年と大差ない感じで店が少ない

観光客が増えて賑わいが復活してると期待してたんだけど
出ている店も客も去年とあまり差が無い感じだった。

去年と同じ店で、野沢菜4パックと おやき4つ購入する。

買物の後は風呂、松葉の湯に向かう。

熱すぎるので水を投入。
かけ湯しながら3分ほど待ったんだけど、入れる熱さにならず。足を入れると痛すぎ。(源泉83度)

仕方ないので、入るのを諦めて宿に戻った。

7時半の朝食は、旅館っぽい飯。温泉卵が良い。
朝風呂に入れなかったので、朝食後に宿の内湯に入る。

9時過ぎに宿を出発。
天気予報を見ると、野沢に雨雲が迫ってる感じだった。

予定だと山の中の県道を走る予定だったけど、雨雲が近いのと
急いだほうが良さそうなので国道にルートを変更する。

県道353からR117へ。日曜の朝だからか、道が空いてて快適。

県道238・251で脇道に入り龍が窪へ向かう。


解放感のある道、雨雲っぽい雲が迫る

宿から30分ほどで龍が窪の駐車場に到着する。
空は暗くて雨が降りそうな感じ。

遊歩道を歩いて、池の周辺を歩く。


緑で透明度の高い水

湧き水があったので、ペットボトルを飲み干して補充する。
名水百選らしい。

30分ほど滞在し、10時に出発する。
R353に入ったあたりで雨が降ってきた。

雨脚は強くないし、とにかく暑いのでクールダウンになるだろうと強行する。
10時半に魚沼スカイラインの十二峠の入り口に到着した。

雨は弱まってきたけど、路面はウェットになってしまって残念だ。
天気ばかりは仕方ないので、安全運転で峠道に入る。

つづら折りで高度を上げていく。
センターラインの無い、1.5車線道路が基本みたいだ。


魚沼展望台から。手前が石内、右奥が越後湯沢

いくつかの山頂を経由してるようで、展望台を超えると下りになり
また登り返す感じになる。


解放感があるスカイラインな所も


一部で道が狭い


一部でゼブラやキャッツアイも

全体的に道が狭くて走りにくかった。
走ってる車が少ないのが救いかな。

最後に八箇峠見晴台に来るも、あまり景色は見えず。

11時過ぎに関越道へ。
その頃には、雨はやんでいた。

12時に赤城高原SAに到着した。
今回の目的であるシャンゴ風を食うためにレストランへ。


シャンゴ風、赤城盛り。ミートソースが美味い

とんかつは普通な感じだけど、ミートソースはオンリーワンな感じなのだ。
食後にコーヒーで一息、長めに休憩する。

給油して13時前にSAを出る。

時間が早いこともあり渋滞なく走れたのは良かったが、埼玉に入ったあたりから猛暑に。
特に大泉JCT周辺が暑すぎだった。

川口JCTから首都高速に入り、小菅JCTを過ぎて荒川の上に出てから少し涼しくなった。
平井大橋ICで降りて、暑すぎなので給油せずに帰宅した。


梅雨明け最初の1泊ツーリングは、避暑・温泉・スカイライン・シャンゴ風と満足なツーリングになった。
日曜は何度か雨に降られたけど、気温が暑いこともありクールダウン的な感じで濡れて走った。

早め帰宅の1泊ツーリングにしたので、渋滞前に帰れて良い感じだった。

魚沼スカイラインを走ったので、100名道の残りは「人吉ループ橋」だけになった。
夏休みは南九州を予定しているので、今年コンプリートの予定だ。
次の目標を考えないとな。

4度目の野沢温泉、13ある外湯は8つ制覇した(1つは湯舟に浸かれなかったけど)
残りは、滝の湯、秋葉の湯、十王堂の湯、横落の湯、中尾の湯の5つ。
来年また野沢温泉に行きたいな。(秋の奥志賀林道が良いんだけど寒い)

赤城高原SAのシャンゴ風は提携してるだけで、高崎にあるシャンゴに行ってパスタを食ってみたい。
シスポーザってのが、同じミートソースを使ってて美味そうなのだ。

夏休みのロングツーリング前に、2-3度は走りに行こうと思う。

総走行距離 647km


コメントする

検 索
ツイート
最近の めも[全て
最近のコメント
48歳
 └工藤新一 (03/31 08:40)
 └まっちい (03/31 23:30)
バイク購入、そして売却
 └ブン (12/21 22:29)
 └まっちい (12/22 01:52)
箱根・大涌谷へ
 └ふみこ (11/07 08:41)
 └まっちい (11/07 14:16)
続Newバイク検討
 └まっちい (09/22 17:27)
謹賀新年 2020
 └工藤 新一 (01/02 03:06)
カテゴリー
アーカイブ
リンク