2019年8月11日 : 北海道ツーリング2019 1 ( 5.旅行・遊び )

ここ数年、ずっと北海道を走りたいと思っていた。
夏休みの確定が遅かったのでフェリー争奪戦には参加できなかったが、スカイツーリングのチケットは残っていた。

いちおうプランを作ってみたが、ぐるっと一週する無謀プランなので参考程度に。
実際は天気予報を見ながら、7泊8日を自由に走る予定だ。

宿はホテルメインで行く予定。取れないときは、ライダーズハウスを検討する。キャンプは考えない。
なので、テントは積まないがマットと寝袋は持参する感じに。

7年ぶり4回目の北海道ツーリング、楽しむぞ。

----------
8月10日(土)曇りと小雨

今日の予定は、羽田から千歳へ飛んで帯広へ移動する。

7時に起床して準備を開始する。
連休初日の遠出と考えると、起床は遅い方だと思う。

羽田空港の西貨物に2時間半前に到着なので、11時発の自分は9時半まで。
軽く車両を拭いて、チェーンオイルを追加する。

ついでにバッテリーを外す確認として、カウル1枚とシートを外してバッテリーを拝む。
いちおうネットで確認したけど、実際に見ておきたかったのだ(今更だが)

荷物の最終確認を行い、バイクに積み込む。
キャンプ用のシートバックなので、中身はスカスカだ。

知人のツイートを見る限り今年の北海道は暑そうなので、メッシュジャケットを選択する。
さて出発という所で違和感が、財布を忘れてた。あぶない、あぶない。

8時過ぎに家を出て、船堀橋ICからC2へ。
少し混んでる湾岸道路を走り、羽田空港ICで降りて指定ガソリンスタンドに到着したのは8時40分。

ガソリンを抜いた後、1Lを給油する。
過去にスカイツーリングを使ったのは16年前だが、その時は全て抜いてチューブに入ってる分で
空港まで走ったが不評だったんだろう。

10分ほどで抜き取りが終わり、ANAカーゴに到着したのは8時55分とギリギリだった。
けど、書類を2枚記載した後、積み込みまで20分ほど待たされる。(最後だった模様)

係員に呼ばれてからバイクを移動し、バッテリーを外す。
機内持ち込み用のデイバックを出して、ヘルメットとタンクバックとジャケットをートバックに詰め込む。

ノートPCやモバイルバッテリー等は持ち込みなので、事前にデイバックに入れておいたのだ。


パレットに固定する。写真撮る時に顔を背けた係員、顔出しNGらしい

西貨物を出たのは9:55頃。待ち時間が長かったが、到着から積み込みまで1時間かかった。

貨物エリアのゲートを出て、バス停から循環バスに乗り込む。冷房が涼しい。

朝食を食べて無いので空腹だったが、とりあえず検査場に向かう。
夏休みが分散したからか予想ほど混雑しておらず、出発の40分前に検査場を通過した。

とりあえず売店で朝食を物色、弁当は重たいので軽い感じのが良いと思って探す。


ロースカツサンド&天むす 880円。それぞれ小サイズ

飛行機にバイクを積み込む所を撮りたかったが、日差しを遮るカーテンが降りてて外が見えず。
まぁ、東京は猛暑なので仕方ないよね。

予定通りの飛行で千歳に到着、気温は18度で小雨とのこと。


曇り空。路面は乾いてるので、雨は気にしなくても良いかな

バイクを受け取りにカーゴへ移動するのだが、表示を探すが移動方法がよくわからない。
旅券に付属していたバスでの移動方法という紙があり、何番線からバスに乗れと書いてあるのを発見。

既にバスは出発しており、次のバスまで20分待ちだった。
GoogleMapで貨物までの距離を見ると、徒歩15分らしいので歩くことにした。

トンネルを抜けてガススタを通り過ぎて、確かに15分ぐらいだった。
羽田は歩く気がしない距離だが、千歳は歩いても良いと思う。


スカイツーリングの記念品。お茶をくれたりとサービスが良い

既に1人が到着済みで、雨具を着ていた。この便に積んだバイクは3台だった様だ。
バッテリーをつないで準備する。

帯広へ移動するのだが、雨雲は富良野あたりにあるみたいだ。
直行すると雨雲を追いかける形になるので、南回りで向かえば晴れてるかも?

ツイッターで静内を検索すると路面は乾いていた。
雨は降ってるかどうかわからないぐらいなので、とりあえず雨具は無しで出発する。

14時にゲートを出る。予定通りだ。

けど、走り始めて300mぐらいで停車、寒すぎるのでウインドブレーカーを着る。
気温18度でメッシュはヤバい。

ガソリンを満タンにして南下開始する。
移動するほど雨が強くなっていくので、結局途中で上下とも雨具着用することに。

沼ノ端東ICから日高自動車道へ。無料の高速道路だ。
ほとんどが対向なので車の後ろになるが、信号が無いので移動が楽だ。

5速で走行中、いきなりガチンという音がしたと思ったらニュートナルな感じに。
チェーンか?と路側帯へ移動して停車。見たらチェーンが外れてた。

あまり覚えてないが、特にシフト操作はしてなかったはず。石でも踏んだのかも。


外れたチェーン。2回目なので落ち着いて写真を撮る

前回は足でチェーンを蹴って外れたので原因が明確なのだが、今回は謎で少し怖い。


チェーンオイル挿しすぎだった様で、跳ね上げが大量に付着

オイル挿しすぎなのはあると思うが。
あと、チェーンが緩んで遊びが大きすぎるみたい。

バックでチェーンをはめて、走行再開する。

終点の日高厚賀ICからはR235へ。


30000km突破。納車2016/3/26から3年半、日本中を走った

道の駅 サラブレッドロード新冠で休憩する。
ツイートで見たとおり路面は乾いてるんだけど、微妙に小雨が降ってる感じ。

チェーンオイルの汚れを拭いてると、年金生活の旅人が話しかけてきた。

休みは1週間だけ?それだけしか有給とれなかったの?俺は退職してずっと旅してると謎のマウント。
生返事しながら作業を再開してたら居なくなった。(建物内で別の人に話してた)

16時10分過ぎに道の駅を出発、明るいうちにホテル到着は難しいかも。

国道は混んでるので、平行している道道1025へ。

右折ポイントを目視で距離を計算してたけど、なんだか遠かった。
ツーリングマップル北海道だけ縮尺が異なるので、距離感が狂うのだ。


道道1025。両サイドに黄色い花が咲く

天馬街道の手前から雨が強くなってきた。
そして、標高があがって気温も下がる、めちゃ寒い。

そのおかげなのか、車が少なくて走りやすい。
左右に多くの牧場があって、写真を撮りたいところもあったが雨なので一気走り。

山をおりると雨がやんで暖かくなった。日高山脈の東西で天気が違ってたオチだった様だ。

18時過ぎに、忠類大樹ICから帯広広尾自動車道へ。
後は暗くなってもなんとかなるだろうと、延々と帯広に向けて車の後ろを走る。

19時ぐらいにホテル到着、初日から走りすぎた。

疲れもあり、ヘルメットを脱いだらスピーカーが断線・・・。
ソロ走行は音楽ないと厳しい時もあるんだよね、どうするかな。

とりあえず部屋で一息いれて、大浴場で体を温める。

20時過ぎに、夕飯を食うために外へ出る。

北の屋台を考えてたけど、福岡中州の屋台みたいなビニールシートの小屋が並んでる感じ。
カウンターだけ8席とかの居酒屋みたいなイメージ、一人で突撃するには勇気が居る店だな。

生ビールが飲めて北海道ぽい物が食えれば良いので、豚丼も扱ってるラーメン屋にする。


拾丁目食堂、旨塩ラーメン&豚丼(小)

サッポロクラシックはもちろん、塩ラーメン、豚丼ともに美味しかった

ホテルに帰って今後のルートを検討する。
明日以降の天気は悪く無さそうなので、12日の宿を中標津に取る。

いつの間にか就寝。

---------
○ 今日の宿「ホテルグランテラス帯広」朝食つき

スカイツーリングのツアーに含まれる宿で、結婚式も可能な高い感じのホテル。
駐輪スペースは屋内で、大浴場とメニュー豊富な朝食が良い。

駐輪 :ホテル1F 屋内駐輪場
ネット:有線LAN、WIFI

走行距離 306km

----------
8月11日(土)曇り、時々晴れ

今日の予定は、十勝平野を走り、ばんえい競馬を観戦した後に釧路まで移動する。

6時過ぎに起床するが眠かったので朝風呂を諦めて、6時半に朝食会場へ向かう。

満室という事で会場が混むことを予想したが、予想に反して空いていた。
ファミリーが多いからか、早朝から移動しない人が多いのかも。


野菜を中心のつもりが肉が多くなった。豚丼の肉ってのが美味しい

豚丼の肉でご飯が進む。
甘いタレと豚の脂の組み合わせが素晴らしい。

食後のコーヒーついでにヨーグルトとクロワッサン。
けど、クロワッサンは店で焼いてないやつで余計だった。

7時半過ぎにホテルを出て、ナイタイ牧場へ向かう。

十勝川を渡ったら、道道498と道道316で十勝平野を北上する。


十勝平野の道。まっすぐな畑の中を突っ走る

直線道路が続く、そして車が少ない。懐かしく北海道を実感。
畑には、トウモロコシやジャガイモが多かった印象。

上士幌町に着くと、空には多数の気球が上がってた。
北海道バルーンフェスティバルで、昨日から明日までの3日間だそうだ。


幾つも飛んでいた気球

上士幌町から道道806へ。
ナイタイ高原牧場入口を左折し、牧場の中の道を走る。


道道806 ナイタイ牧場。ゆるやかなアップダウン

見晴らしの良い丘って感じの牧場の道。
確かに絶景100名道に選出させるだけはある感じ。


広大な牧場を背景に


ナイタイ牧場。ゆるいカーブの道が続く

牧場の道は開放感があって良い感じ。
ただ、途中まで展望良かったが、頂上付近になるとガスが出てきて視界がなくなってきた。

9時にテラスに到着、とりあえず休憩だ。


テラスの外はガスって見えない

寒かったのでホットコーヒー、そして有名なソフトクリームを食う。

ミックスにしたが、チョコが濃厚で美味しかった。
(今回の北海道ツーリングで、最も美味しいソフトクリームだった)

ここからさらに北上して、糠平湖を目指す。

元々の計画では牧場の後に競馬場だったんだけど、ばんえい競馬の1レースはが
14:45からなのを知って予定を変更した。

一度上士幌町の交差点まで戻り、R237を北上する。
やはり国道は車が多い。

国道を走ってると、昔の路線の白い橋梁がちらほら。
タウシュベツ川橋梁が有名だが、同じようなのは所々にあるみたいだ。


糠平子手前の川にて昔の橋梁。朽ちた感じが歴史を感じる

道路脇にバイクを停めて、タウシュベツ川橋梁展望台へ。
森の中を数分歩くと、対岸に橋を見ることが出来る。


タウシュベツ川橋梁。まだしっかりしてる様に見える

ここは人気があって、車の観光客が多く来ていた。

三国峠も考えていたけど、ツイッターで調べるとガスってる様なのでパスする。
時間があるので少し南にある第三音更川橋梁も見に行く。


第三音更川橋梁。遊歩道として再利用されてる

まっすぐ戻っても面白くないので、道道85で然別湖へ。
こっちに来る車がおらず、快適に走る。

16年前の記憶では激狭い道だったんだけど、拡張したのかなと思って走ってると
湖畔は狭い道だった。はは、変わってないな。

北海道ではレアな狭路を抜けて、然別湖のホテル前に出る。
ここは16年前に宿泊したが、まだ営業している様だ。


然別湖のホテル前。湖はガスって視界がイマイチ

ホテルの向かいにあるカフェに入り、ベーグルのガーリックトーストとコーヒー。
ガーリックバターが美味しい。

道道85で南下してR274、道道54と道道214で帯広市街へ戻る。

ヤマダ電機に入り、ヘッドフォンを購入する。
NAPSやライコみたいなバイク用品店は札幌にしかないので、仕方なく代用品で。

ばんえい競馬の1レースまで1時間以上あるので、駅前まで豚丼を食べに行く。

昼過ぎの時間に有名店ぱんちょうは50人以上並んでいる・・・。
諦めて近くにある、はなとかちへ。こっちは15人ぐらいの待ち。

20分ほど待って店内へ。
注文は決まってる。ロース肉とばら肉を半分ずつのせた人気メニューだ。


半ばら豚丼 中盛 1200円(肉 150g)

甘いタレを付けて香ばしく焼いた豚肉、そして豚の脂が美味しい。
ちょっと前にベーグル食べてたので、特盛だと完食できなかったかも。

100円ショップ買い物した後、ばんえい競馬場へ移動するのだが
少し道に迷ってタイムロス。駐輪した頃に1レースが終了してた。

2レースのパドックが終わる頃に到着、とりあえず格好いい顔の単勝を購入した。
マークシートで買うのだが、ガイドが無くて迷った(1Fにあった模様)

競馬場は中央競馬の府中しか行ったことが無いので、なんだか新鮮な感じ。
思ったよりも人が少なくて、めちゃ空いてる。

コースの近くでも見れる様だが、最初は上の席に座ってレース全体を見る。


2R開始。各馬、最初の障害を越える

最初の小さな山を越えた後、2つめの山の手前で休憩する。
銀の匙で解説してた通り、2つめの大きな山を越えるために力を溜めるみたい。

その辺の駆け引きが面白いのかも。
購入した馬は4着、馬券はハズレだ。

レースが終わって暫くすると、次レースのパドックが始まる。
優雅な感じの馬がよさそうなので、そいつの単勝を購入する。

レースの前に、吹奏楽部による演奏があるみたい。


池田高校吹奏楽部によるパフォーマンス。踊りながら演奏

動きながら演奏していくのは、なかなか凄いと思った。

そして、次のレースは近くで見ようと柵まで移動する。
見せ場である2つめの障害手前に陣取る。

一斉にスタート、最初の障害を越える。


大きな障害を越える。俺の買った馬、行け~!(5番)

優勢に進めるも、結局は3着だった。(はずれ)

これで3R終了。次は16:35からと遅いのでここまで。
(メインは10Rで、20:05と遅い。夜がメインなのかな)


銀の匙の看板。何年前だよって感じ(2014年1月)

土産屋を物色、蹄鉄を買おうか迷ったけどやめる。
地味に重くて置き場所に困りそうで。

釧路へのコースは、R38南周りの海沿いコースにする。
国道の割には、車が少なくて走りやすい。

延々とR38を走って釧路に入り、最後はスマホで確認しながら18時半にホテルに到着した。

とりあえず大浴場と思ったが、このホテルには無いみたいだ。
この日は争奪戦が厳しくて、あまり選択肢が無かったのだ。

部屋の風呂に入って、横になったら寝てた・・・。
で、起きたら22時に近い。

釧路は繁華街が駅前じゃない様で、駅近くの飲食店は開いてないみたい。
仕方ないので、近所のセイコーマートで夕飯を調達する。


セイコーマートの100円麺、やきそば・ナポリタン

この100円シリーズ好きなんだよね。チープな感じだけど味も量もそれなりで。

天気予報を確認して13日の宿を旭川にする。
中標津からは少し距離があるけど、函館を目指すなら少し先まで走りたい。

明後日も、天気が良さそうなので大丈夫だろう。

---------
○ 今日の宿「釧路ロイヤルイン」朝食つき:9000円(税込)

釧路の駅前のあるビジネスホテル。空いてるホテルが無くて急遽確保。
種類豊富なバイキングの朝食が良い。

駐輪 :ホテル駐車場(屋根下は団体に取られており外)
ネット:有線LAN、WIFI

走行距離 339km

- 翌日へ - ( 8 / 10,11,12,13,14,15,16,17


コメントする

検 索
ツイート
最近の めも[全て
タイヤ交換 (10/02)
洗濯機購入 (10/02)
BDレコーダ購入 (09/25)
房総ツーリング (09/24)
伊豆下田ツーリング (09/20)
BASE BREAD (09/12)
フードデリバリー (09/03)
天竜御嶽ツーリング (08/29)
最近のコメント
バイク購入、そして売却
 └ブン (12/21 22:29)
 └まっちい (12/22 01:52)
箱根・大涌谷へ
 └ふみこ (11/07 08:41)
 └まっちい (11/07 14:16)
続Newバイク検討
 └まっちい (09/22 17:27)
謹賀新年 2020
 └工藤 新一 (01/02 03:06)
今年のツーリング終了
 └兄貴 (12/08 21:07)
 └まっちい (12/09 23:51)
カテゴリー
アーカイブ
リンク